高い場所にのぼること

今日のお昼、久しぶりに高層ビルのレストランで食事をした。
曇り空だったけれど、東京の街や道路、電車や車の往来がよく見えた。

高いところから地上を見下ろすと、ああ、きっとあちこちのビルや電車の
中では、それぞれの悩みや葛藤や喜びや悲しみを抱えた人たちが
たくさんいて、働いたり勉強したり、生きているんだなぁ、
そして自分もその一部なんだなぁ・・・と思った。

高いところにのぼると、人も車もビルも小さくみえる。
自分もちいさくみえる。ちいさな存在である自分が抱えている悩み
なんて、ちっぽけなことだと思える。
だからといって、悩みや問題をすべて放棄できる訳ではないけれど、
心が軽くなった分、解決の方法が見つけやすくなるかもしれない。

忘れていたけど、私は高いところが好きだったんだ。
これからは、時々高い場所にのぼってみようと思う。















 
[PR]
by gogejaval | 2005-03-06 20:28 | おもうこと | Comments(4)
Commented by nuovo2003 at 2005-03-06 21:48
こんばんは。ブログにコメントありがとうございました。すごく、いいブログですね。短歌、絶対続けてくださいね。こういうの好きです。ありがとうございました。また、きますね。
Commented by beerman7 at 2005-03-07 01:27
遊びに来ました。

そうですね。
>だからといって、悩みや問題をすべて放棄できる訳ではないけれど、
>心が軽くなった分、解決の方法が見つけやすくなるかもしれない。
って、よ~く分かります。

ボクは夜空を見上げて、あの星の光って何万光年もかけて地球に届いているんだなあと思ったときにちっぽけさを感じました。
Commented by gogejaval at 2005-03-07 20:00
>nuovoさん
どうもありがとうございます。そんな風に言って頂けると、本当に嬉しいし励みになります。これからも自分の気持ちや思ったことを短歌にしていけたらいいなと思います。写真も撮りたい!よくばり過ぎかなー 
Commented by gogejaval at 2005-03-07 20:13
>Beerman7さん
遊びにきてくれて、ありがとうございます♪
仕事などの忙しさに日々追われていると、自分のまわりしか見えなく
なりがちだけど、夜空を見上げたり、夕焼けをきれいだな、と思ったり
する時間や余裕はいつも持っていたいと思う今日この頃です。
長ーい地球の歴史からみたら、今の私はきっと点にもならないんだ、
と思えば、逆に誰に遠慮することなくやりたいことやらなきゃ。と
思います。いろんなしがらみもあるし、そう簡単にはいかないけれど
一度の人生ですもんね。よし。